南アフリカ政府機関ルイボスティー公社認定品の無農薬・最高級茶葉! 煮出しタイプのおいしいルイボスティーをお取り寄せできる通販専門店です!

ルイボスティーレシピ

基本のおいしい作りかた

<当店おすすめのルイボスティーの作り方>

1包(3.5g)を2.5リットルの熱湯にひたし、弱火で20分間煮出します。


煮出しているあいだ「少し甘さがあるけれどスッキリする香り」がただよい、香ばしいおいしさと美しい色がでてきます。


煮出したあとは茶葉は取り出さずそのままにしておいて室温までゆっくり冷まします
※煮出した直後はそんなにおいしくありません。



※ふつうのお茶であれば、煎じた後の茶葉やお茶を翌日に使ったり、飲んだりすると身体に悪いといわれます。

しかし、当社の扱うルイボスティーは、沸騰させた直後よりも、ゆっくり冷ました後のほうが、抗酸化効果が高くおいしく感じられます。

翌日になってもおいしさが持続するめずらしいお茶です。

 
こんな飲み方・つかいかた

シンプルに・・・


よく煮出したルイボスティーをいったん冷ました後、冷蔵庫で冷やしてアイスティーで。必要量をあたためてホットティーで。


ルイボスティー独特の「甘さ」を感じるには人肌くらいの「ぬるい」と感じる温度がおすすめです。

 

お酒とともに・・・


梅酒のルイボスティー割
焼酎・梅酒・ウィスキーのお茶割り
として使っていただくと、角がとれてまろやかな飲み口になります。



カクテルで水を入れるところをルイボスティーで。苦味・渋みが感じられないお茶なので飲み口がよくなる場合が多いです。
おすすめなのがカシスをルイボスティーで割ったもの。カシスの風味・甘さを損なわず水で割ったときよりもおいしさが増します。 



料理の材料として・・・
肉・魚料理の下処理として数時間ひたしておくと、肉・魚独特の臭みが消えて、おいしく食べられます。


スジ肉の下煮・・・煮出していったん冷ましたルイボスティーを水の代わりにいれて硬いスジ肉を煮ていきます。水だけで煮たときより臭みが感じられなくなります。


※レシピは随時追加していく予定です。

商品のご購入は -----> オンラインショップをご覧ください
ルイボスティーのご購入はコチラ